お坊さんからのお知らせ
勇猛精進日記

威儀

2019年01月19日

「威儀を正す」という言葉はよく耳にしますが、
本来は僧侶が守るべき戒律にのっとった正しい振る舞いのことをいいます。
威儀を正すことで心と身なりを整えて新しい年をお過ごしください。

笑福来門

2019年01月01日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
新春を迎え皆様のご健康ご多幸お祈り申し上げます。
本年も変わらぬお付き合いの程宜しくお願い申し上げます。
住職、副住職共に元日より高幡不動尊にて御修行しております。
                  二〇一九年 元旦

正楽院 正月観音大護摩供のお知らせ

2018年12月29日

正楽院檀家以外の方でもご参加頂けますので、どうぞ一読お願い申しあげます。

皆様の益々ご清祥のことと心よりお慶び申し上げます。
当山年中行事であります観音大護摩供を下記の通り厳修致します。家内安全、身体安全、諸願成就など、一人ひとりのお祈りをお護摩の災に込め観音様のご加護を念じます。観音大護摩は年に一度の正月護摩です。是非ご参詣下さいますようご案内申し上げます。
合掌
平成30年 師走 立川山 正楽院

日時:平成31年1月13日(日)午後1時
場所:正楽院 八角観音堂
※観音大護摩をご修行致します。皆様のお願い事は
家内安全 身体安全 商売繁盛 厄災消除 當病平癒 交通安全
※お護摩札は一体につき五千円ご納入願います。
※お申し込みは1月10日迄とさせて頂きます。
※正楽院檀家以外の方でもご参加頂けます。

詳しくはお問い合わせ下さい。

総本山智積院 冬報恩講

2018年12月14日

先日、総本山智積院 冬報恩講に当山住職と副住職が出仕してまいりました。
陀羅尼会のみの出仕でしたが、年に一度の荘厳な行事に参加できたことを嬉しく思います。

冬報恩講とは,,,
冬報恩講は宗祖・弘法大師 空海の教えを復興された興教大師 覚鑁の功績に感謝し、
根来伝来の教えを継承することで、その恩に報いることを目的に行われる法要です。

真言宗中興の祖・興教大師が入滅された12月12日を期して行う「出仕論義」(12月11日)・「陀羅尼会」(12月11日夕方から12日深夜にかけて)・「御法事」(12月12日)の3つの法要をあわせて冬報恩講といいます。

 「出仕論義」は真言宗の教義について『大日経疏』をもとに毎年、化主猊下より論題が出題され、問答によって論議する法要です。
 「陀羅尼会」は、罪障消滅などで唱えられる尊勝陀羅尼を興教大師覚鑁が祀られている密厳堂で一晩中読誦する法要です。
 「御法事(ごほうじ)」は報恩講を締めくくる法要です。 

冬報恩講は、金堂を始めとする諸堂伽藍が美しく荘厳され、冠木門から金堂、そして密厳堂への参道両側に提灯が提げられます。それぞれの法要には全国から多くの僧侶が集まり総本山智積院の最も荘厳な行事の一つです。

懺悔

2018年12月10日

12月12日にご入寂(この世を去る)された真言宗中興の祖興教大師覚鑁上人は、著書のなかで、自分だけではなく生きとし生けるすべての罪をも悔いて仏さまに許しを請いました。年の瀬のこの時に、今年一年の自分の行いを振り返り、新たな年をお迎えください。

高幡不動尊萬燈会・たかはたもみじ灯路

2018年11月22日

高幡不動尊では下記の通り2日間に亘って萬燈会を奉修し、皆様の七難即滅・七福即生並びにご先祖様の追福菩提をお祈りさせていただきますので、皆さまお誘い合せてご参加下さい。
尚両日とも午後六時から門前町一帯で、約2000個の置灯明が点灯され、「たかはたもみじ灯路」の幽玄な世界が現出されますのでお楽しみ下さい。
当山、住職・副住職も出仕致します。
お時間の許す限り高幡不動尊で心の選択をしてみてはいかがでしょうか?
【月日】
11月22日(木)・23日(祝日)
【会場】
高幡不動尊五重塔
【行事】
・法話・詠歌奉詠〈午後4時〉
・萬燈会(塔院)〈午後5時〉
・塔婆供養(五重塔前)〈午後5時30分〉
●御燈料  金1,000円也(一人につき)
●経木塔婆 金1,000円也(一霊につき)
●浮燈明  金500円也(五重塔の池に浮かべる燈明です)

正楽院 水子供養

2018年11月13日

正楽院では様々な事情により生まれ出ることが叶わなかった水子を精一杯御供養させて頂きます。
水子供養は全て個別で法要させて頂いております。

【供養内容】
※本堂での水子供養法要
※本堂での供養の後、水子地蔵尊の前での供養法要
※水子供養費用 13000円(卒塔婆、線香料も含みます)

40分程度の供養となります。

南無大師遍照金剛  合掌

共同墓地をお探しの方へ

2018年11月06日

共同墓苑 〜永代供養〜のお知らせ

この世に生を授かった人は誰でも老病死は必ず来ます。
死後の安住の地について心配し墓地を求めても、あるいは墓地があっても後継者が居ない場合、また居ても出来ない、子供に迷惑をかけたくないなど様々な事情があります。そういう方々が利用できる「共同墓苑」を平成9年に建墓致しました。現在百数拾名の方々が利用致しております。

一式内容

個人墓石お一人に対して一基(御影石)に戒名、氏名等を字彫り致します。
納骨の際には本堂で法要し、墓苑に納骨し供養致します。
供養、管理は当山住職が責任をもって行います。

詳しくはこちら

慈悲

2018年11月01日

わたしたちに安楽を与え、苦しみを取り除いてくださる仏さま。
生きる力を授かるわたしたちも仏さまと一緒です。
仏さまのように慈しみ、優しさをもって人々に寄り添い、ともに喜びましょう。

密教瞑想体験〜阿字観・月輪観〜

2018年10月15日

「正楽院で座禅できますか?」「瞑想の体験出来ますか?」というお問い合わせを多数頂いております。
真言宗では「座禅」という呼び方ではなく「阿字観」(アジカン)「月輪観」(ガチリンカン)という瞑想法があります。
表題に記した「密教瞑想体験〜阿字観・月輪観〜」を当山で開催したく指導員の資格をただいま受講し、正楽院で体験できるように努めています。
昨今、瞑想の時間や部屋を設けている外資系企業や、海外では子どもに瞑想の時間を与えると驚きの効果があると伺っております。
どうにか体験できるように精進してまいりますので、
もうしばらくお待ちくださいませ。